上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原発情報の入手先の1つとして、田中優さんという方を紹介しておきます。

田中優さんのブログ
田中優の'持続する志'  http://tanakayu.blogspot.com/
先日2011年3月17日に田中優さんの緊急講演会が大阪であったので行ってきました。
今回も、とても分かりやすい解説で良かったです。

その講演はyoutubeにアップされています。

3月17日講演「田中優」氏 関東東北大震災ー原発についてー



2/5『ただちに?健康に影響ないレベル?』放射被害の影響はおよそ10年後
http://www.youtube.com/watch?v=tkwX_V3ct0U

3/5『ただちに?健康に影響ないレベル?』放射被害の影響はおよそ10年後
http://www.youtube.com/watch?v=AvCCKrMw7gg

4/5『ただちに?健康に影響ないレベル?』放射被害の影響はおよそ10年後
http://www.youtube.com/watch?v=yIGI-9IBSXk

5/5『ただちに?健康に影響ないレベル?』放射被害の影響はおよそ10年後
http://www.youtube.com/watch?v=Rc565NeF7Uc


優さんのお話はいつもそうなのですが
人々の不安をむやみにあおることなく現状を伝え、根拠のある説明をし、
現状の問題を言いっぱなしにするのではなく、それに対する対策を示し、
人々に希望を与え、
最終的に前向きな方向に持っていけるところが凄いです。

思いついた色々なしくみを言うだけではなく 「やってみせちゃえばいいんだよ。」と
実際にいろいろな団体の立ち上げに関わり、実現されています。

そして再び3月26日、大阪に田中優さんが来ます。私は残念ながら今回は会場には行けないのですが 
USTREAMで中継があれば観る予定です。
(前回は中継がありました)

講演会について詳しく知りたい方は 田中優さんのブログ
田中優の'持続する志' http://tanakayu.blogspot.com/をチェック。

いろいろな情報が飛び交いなにを信じていいのか混乱している今。

福島第一原子力発電所で起こっていること
放射能の特性についてや、対処法の話など、わかりやすく解説して頂けると思います。

スポンサーサイト
本屋にて

神との対話(著者ニール・ドナルド・ウォルシュ)がコミック化されていた。


コミック版 神との対話コミック版 神との対話
(2011/03/17)
ニール・ドナルド・ウォルシュ

商品詳細を見る


こういった内容の本がコミック化される時代になったのだなーと手にとって読んでみたところ

下の文章が心に焼きついた。


   [真の指導者]とは
   追随者がいちばん多いものではなく
   もっとも多くの指導者を創り出す者である

   [真の王者]とは
   臣民がいちばん多い者ではなく
   もっとも多くの者に王者らしい
   尊厳を身につけさせる者である

   [真の教師]とは
   知識がいちばん多い者ではなく
   もっとも多くの者に知識を身につけさせる者である


   そして[真の神]とは
   信者がいちばん多い者ではなく
   もっとも多くの人々に仕える者
   従って他のすべての者を神にする者である

   それが神の目標であり、栄光である。

   (以上 本文より抜粋)



正直、真の神のことは私にはまだわからない。

けれど [真の指導者]とは [真の王者]とは [真の教師]とは の部分は

そうだなあ・・と思う。


今日は皆さんに 質問があります。


あなたが憧れている実在の人物はどんな人ですか?

あなたは、その人のどんな部分を好きだと感じているのですか?



下の文章を読む前に 

ここで 少し考えてみて下さい。


シャドウ・エフェクトシャドウ・エフェクト
(2011/01/25)
ディーパック・チョプラ、デビー・フォード 他

商品詳細を見る


今日も前回と同様、本「シャドウ・エフェクト」の第二部(著者・デビー・フォード)からです。



さて、最初の質問に皆さんは、なんと答えたのでしょうか?

具体的に「○○なところに惹かれています。」「○○なとこが好きなんです。」という答えが
色々と出てきたことでしょう。

私と正反対だから憧れているの・・なんて答えた人もいるかもしれませんね。

自分に無いから惹かれるの・・と言うセリフもよく聞きますが これは違います。



実は・・ 

その答えた性質があなたにもあるのです。



前回引用抜粋した文章を再び紹介します

 「実際、自分が他者をどう観察しているかに注目すれば 私達は自分自身のありのままの姿を見ることができます。
 人は自分自身の性質を他者に投影するように出来ているのです。

 これは別に悪いことではありません。現に、誰もが皆、常にそうしています。
 自分が「いやだ」と思う性質を自分自身の中に認めるのではなく、自分以外の誰かに押しつけてしまうのです。」



自分の中にその性質、個性があることを認めたくないと思うものは 悪い部分とは限らないようです。

例えば 天真爛漫で活発な少年が幼い頃に 親から「うるさいこは嫌いだよ」と言われ 
おとなしいことが良いことで活発さは悪いことだと思いこんだとします。
その性質が内側にあることが知られたら
愛されないのでは・・という恐れ、誤解から、活発さは彼にとっては隠すべき性質となってしまいます。
おとなしくしているうちに、自分で自分のことをおとなしいと思うようになっていくのです。
そんな彼が 大人になり ある人に憧れます。
その人の天真爛漫で活発に動く部分が好きだなって考えたりします。

こんなふうに・・ 認めたくない性質は悪い部分とは限らないのです。



ここで私は問いたいことがあります。

「私が・・私の中にあることを認めていない性質は なんだろう?」 



今日は最後に本文から デビー・フォードさんの言葉を紹介して終わります。

 (本文より以下抜粋)
 
 シャドウには
 私たちの暗い性質や悪い面だけでなく、前向きな性質も含まれています。
 興味深いことに、人は皆、自らの暗黒面と同じように光の面も隠そうとしてしまうものなのです。
 誰もが自分の才能、能力、ユーモア、成功、勇気を隠している可能性があります。
         
                  -略-

 もし誰かのことを「見習いたい」「真似したい」と思うなら、それは、あなたが自分の中にある性質を
 相手の中に見ているからです。

 また誰かに心奪われるほど夢中になったとすれば、それは、
 あなた自身の中にある愛すべき部分が相手の中にも存在しているからです。


 自分の中にはない性質に関して、あなたが他者に反応を示すことはあり得ません。

 あなたを刺激するものは例外なく、あなた自身の側面です。

 もし何かに対して強い願望や憧れを抱いたら、あなたにも似たような性質があるということです。

 ただし、あなたがその性質を表現する方法は、必ずしも他者のそれと同じとは限りません。あなた独自の方法となるでしょう。
人は 自分の考え方・感じ方・価値基準を使って相手も同じように考えると推測しがちです。

  私だったら嫌なことだから それをされたあの人も嫌と感じているだろう。

  私だったら嬉しいことだから それをしてもらったあの人も喜んでいることだろう。


この思い込みが、相手の本当の姿を見えなくさせます。

 私が嫌だと感じることを・・あの人は喜ぶかもしれません。



もしも勝手に あの人は嫌だと感じて怒っていると推測し (実際の相手は何とも思っていない)

自分の頭の中の推測・妄想で苦しんでいるとすれば 

私達は何をしているのでしょう。



私は 昨年一年かけて、焦点を相手ではなく自分に向ける訓練をする中

相手に対する不快感が起こった場合、それに対して、どう対処すればいいのか迷いました。

不快感が起きた理由を相手のせいだとするならば 焦点は相手にあり 
それでは、私の成長には繋がりません。

不快感が起きた理由を自分の中に探すとすれば・・

私はしばらく このことについて考えいて そしてある事に気づきました。

私が自分に禁止していることを平気でする人を見た時に嫌な感じがしたのです。


それは、私の中に存在するけれど 私が嫌っている性質。
上手に隠したはずなのに・・ 

それは、内側に押し込んだら外側に出てしまったかのように他人の姿を借りて目の前に現れた私のもの。

つまり、私は 相手に自分を投影していたのです。


投影しているとすれば
焦点を外にではなく自分に合わせることで私達は 
自分以外の誰かに 不快感・苛立ち・非難の気持ちを抱いた瞬間さえも 
自分の内面を知ることに使えるのです。



シャドウ・エフェクトシャドウ・エフェクト
(2011/01/25)
ディーパック・チョプラ、デビー・フォード 他

商品詳細を見る



そして、出会った本。 「シャドウ・エフェクト」という本です。

本を紹介する前に 皆様に一つ確認をとっておきたいのですが 
シャドウ(心の闇)とは 捨てたり消せたりするものではありません。

暗闇を知らずに光の存在を意識することは出来ません。
恐れを知っているから勇気が存在し 悲しみを知っているから喜びがわかる・・。 

私達が 知るためには、正反対の性質が両方存在することが必要なのです。



著者デビー・フォードさんが書かれた第二部には こう書かれていました。

・どんな人でも、すべて(自分が「良い」と考えているものも「悪い」と考えているものもすべて)を持っているのです。

・あなたが他人の中に見ているあらゆる性質があなた自身の中にも存在しています。


私達の中に すべての性質が存在するからこそ 
人は無償による愛による偉業も、破壊的な衝動による犯罪もどちらも起こすことができるのでしょう。


私はシャドウを使って自分を知りたいのです。

シャドウが何を意味しているのか・・
本の言葉をヒントに もう少し考えようと思います。(続きは次回に)



(以下、本文より抜粋)
・心理学者カール・ユングは「シャドウは、私達がなりたくないと考えている人を映し出している」と説いています。
あなたにもつい非難してしまいがちな家族や、見るだけで虫唾が走る政治家や有名人がいるはずです。
実はそういう人々にあなたの影の部分が映し出されているのです。

・「シャドウとは、私達が愛する人々から「隠したい」と思っている部分、「こういう一面があると思われたくない」と考えているものをひとまとめにしたものだ」という衝撃的な気づきに到達することになります。


実際、自分が他者をどう観察しているかに注目すれば 私達は自分自身のありのままの姿を見ることができます。
人は自分自身の性質を他者に投影するように出来ているのです。
これは別に悪いことではありません。現に、誰もが皆、常にそうしています。
自分が「いやだ」と思う性質を自分自身の中に認めるのではなく、自分以外の誰かに押しつけてしまうのです。
母親や子供、友人に投影することもあれば、一度も会ったことのない有名人に投影することもあります。
他人に対する非難や判断はすべて、結局は自分自身の中にある、自ら無視したり、否認してしまっている部分を表しています。
投影をしている最中、私たちはそういう性質を他者の中に見ているように考えていますが、
実際は自分自身に隠された一面を見つめているのです。

・他者の行動を批判するとき、私達は実はそれと同じ行動をとり、罪悪感を覚えているものなのです。


感知プログラムと出会ってから3年半が経ちました。

そして最近、少しずつですが、因果が見えはじめて、
自分のつまづく箇所が見えてきたと同時に
人に対しても、今までは気にならなかった部分が見えてきました。

私は考えました。

見えたから・・といって指摘すれば、
相手からすれば、
「今までは何も言わなかったのに急に何?」といったところでしょう。

それに、

私は批判や非難がしたいわけではないのです。

だから、相手に対してこれからどう接していくのがいいのかな…としばらく考えていました。


私が出した答えは

結局、人は好きな人・自分に好意的な人の言うことに耳を傾ける、ということ。

相手から引き出されるものは、私次第だということ。


相手の反応を引き出すのは 結局、私のあり方なのだなとしみじみと思ったのです。


ですから、誰かに 何かを指摘する前に、自分に焦点を戻し、

「私は相手の事を好意的に思っているのだろうか?」と問うことにしました。



そんなことを考えていた時、

感知プログラムのこれからの講義内容を箇条書きにしたプリントが届きました。

そして、そのプリントの中に こんな文章が書かれていました。

(プリントより 一部抜粋)

一周した人にして初めて、人を指摘する資格が生まれる。
 それまではその逆。(「褒める」でなければならない。)
 ところが、皆、そのまた逆が大好きだ。
 指摘する事はテープ・音声ファイルに任せなさい。
 成功を早めたいなら、皆は褒める事だけ考えていれば良い。(世の中全体が逆さまだから。)
  貴方から学びたいという姿勢を相手が取り続けている信頼が成立している時のみ指摘は有効。
 頭の中からその様にスタートする事だ。
 指摘点を見つけるだけで、既にそれは態度・波動・オーラに出ている。
 どうしても知らしめたいなら、自らのその部分の失敗・気付きを体験談としてのみ語る事だ。
 相手は、自分もそうだと思ってくれるかもしれない。

マスターは、愛故に指摘出来る。
 修行者・学人・学徒は、愛を育む為に人を褒めなければならない。
 マスターの指摘は愛となるが、修行者のそれは単なる批判・非難にしか成り得ない。
 マスターやメンターのdoの真似をして、人はコケるワナがここにも有る。
 人を批判するにも資格というモノが宇宙的見地には在る。
 人生に於ける各パートその部分を完成させた人に於いてのみ、その部分にその資格がある。
 「愛はそれ自体が語る」のレベルに成った時、批判も非難も愛の表現の一環として出るだけ。
 学ぶ人の顛倒夢想、道徳のワナに入らない様に。



「一周した人にして初めて、人を指摘する資格が生まれる。 それまではその逆。」と言われて、
やっぱりそうなんだ…と納得しました。

とにかく、今の私に出来ることをやっていこうと思いました。


また、重見さんの滝部セミナー3月の講義タイトルは

「同類親和の法則から解る事」  
  (今一歩、奥深い自分の真実を知る。
  意識の光を射し込ませると言う事の本当の意味を理解しよう・・・それは「見る」と言う事。
  悪業・因縁・呪い等と言われるモノの類を自分の代で断つ。)


同類親和の法則・・ 
その言葉を目にしただけで 頭ではない心の奥の私が
「よくわかります・・そうなんです」と言いました。

最近 因果が見えてきたせいか 他者のことも見えてきたと書きましたが
その際に、類は友を呼ぶのだから・・とも考えていたからです。

そんなに大差ない・・どんぐりの背比べだと・・。



目に映っているすべてのモノが、私の内面を映し出している・・

そんな思いを馳せながら

周囲の風景や人を眺める時があります。


同類親和の法則を使って、自分を知るとはどういうことか・・ 

もっと考えてみようと思います。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。