上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「君には問題がある」

この言葉でこの物語は始まります。

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート金森 重樹

商品詳細を見る


「君には問題がある。」
「そのことは職場の人間も知っているし、奥さんも知っているし、義理のお母さんも知っている。そしてご近所の人たちも知っている」
「問題なのは、君自身がそのことに気づいていないということだ。」


自分だけが気づいて
いないことがある。

自己欺瞞・・・
自分に問題があるということ自体が見えなくなるという問題。
私達の中の自己欺瞞が様々な問題を生み出していく・・・。

私達がこの世で受ける苦しみは それぞれが脈絡なく発生しているようでいて、
実は複雑にからみあった糸のように相互に影響しあっている。
そして その根本の原因を作り出している発生源が、他ならぬ自分自身のものの見方であることが、この本で詳細に解き明かされていきます。
根本原因が解かれば、問題を驚くほど効率的に解決することが可能となります。

私の認識を広げてくれた一冊です。
お薦めします。


自分への裏切り、つまり真我の要求に背くことから、
自分への裏切りを正当化するためのプロセスがスタートします。
他の人、自分、その状況全体、全てを見る目が、
自分への裏切りを正当化するような形でゆがめられていく。
そして、自分への裏切りを何回も繰り返していくうちに、
その自己正当化イメージを持ち歩くようになり・・・
自己正当化イメージを脅かすような相手には脅威を感じ、
自己正当化イメージを強化してくれる人々のことは味方と感じ、
そのイメージにどうでもいい人々のことはどうでもいいと見なす。
こうして、人は人を人としてまっすぐに見られなくなる。
相手は単なる物となる。


今日の報告 テープトレーニング 5-4-1~5-8-2 (1.5倍速) 9h
スポンサーサイト
プロローグから聴き直そうと思ったのは直感ですが、
直感に従い、自分の弱点の一つが段々と見えてきました。

「実践することはめんどくさい。出来れば避けて通りたい。」
 これが私の傾向であり、弱点でした。

気づきを時間の経過と共に無意識下に埋もれさせないように
「聴いただけで実践していない」という証拠をひとつひとつ取り上げて、
自分で確認していっています。
ただし、ここに自分を責める気持ちはありません。
ようやくここまで来たんだなぁと誉めてあげたいくらいです(笑)

5章の中の指示、
願望をとりあえず全て書き出してみる

この部分も都合よく聴き逃していました。
今まで、何十回と聴いているのにです。

(パソコンに願望フォルダーを作成し、リストアップをはじめました。)

他にも
気づきは書き出し、毎日見る事。
書いてはいますが、毎日は見ていません。

または
疑問は書き出し、ほったらかしにしない様にしよう。
現状…ほったらかしにしているものがある。


トレーニングして、ある段階がきたら、次ができるようになる。
基礎を固めて次に進む。

そんな当たり前のことが重要だということを改めて思います。


今回聴いていて、ズシっときたのは この部分。(一部抜粋させて頂きました)

トレーニングして、次の段階に進むということが重要だから、願望を書き出す事が嫌なようなら、もうここで止めたほうがいい。 (略) テープを聞き続けて書きたくなる日を待っているとしても、いずれどこかの段階では始めなくてはならないよ。

脳が無視していたこの言葉が聴けるようになった今が私の始める段階なのだと思います。

自分のどこをどう変えたいか・・・

それを発見していくプロセスが少し解ってきた気がしています。



3月25日の報告  テープトレーニング 5-1-1~5-4-1×2 (2倍速再生)14h

今日の報告  テープトレーニング 5-3-1×3・5-3-2~5-6-2 (2倍速)9.5h
感知プログラム第4章 「なりたい自分になる1」 の指示されていた事の中で
私が見落としていた部分のひとつが
肯定語、積極語を繰り返すこと。

プロローグからやり直して、見つけた大きな落とし穴のひとつです。
2000時間の聞き込みを経て ようやく気がつけたのかもしれません。
言葉のちからの意味が今、ようやく落とし込まれはじめています。

そして今回、繰り返し巻き返し何十回も聴き返したのは この部分。
(一部抜粋させて頂きました)

「人生に何かあるんじゃないかと探しはじめて 
陽転思考することが大事だと気がつくまでに3年かかった。
ところが陽転思考することが大事だ、物事は肯定的に考えなければならないと
文章で読んでもね、それは根付いていないんだよね。
努力してるんだけど どこかで出来ない理由、しない理由を
ずーっとしている自分に気がつけないでいる。
まったくプラス発想・陽転思考で考えることが出来るようになったのは、
肯定的に考えなければならないという思考方法を学習して
実践できるようになったのが3年後。
そして実際に物事を明るく考えて、出来る理由を探し、プラス発想で考えるという訓練をやりはじめ、それが根付きはじめるのはね。 
明るいことを考えなければならないと考えていたのに、こんな暗いことや出来ない理由をまだまだ探し出してたってことに気がついたのは6年後だよ。」

気がつくという事がどういうことであるかが ここに詰まっているような気がしました。

そして、出来ているつもりになっていないかと しつこいくらいに自分に問いかけようと再度決意しました。
 
その他に
・3秒マイナーな想いを持ってしまったら 3分の良きイメージに差し替える。
この重要な部分も都合よく見落としていました。
実際にこのルールを実践しようとすれば、いかに自分がマイナーな想いを浮かべているかを実感できるでしょう。

そして もうひとつ、
・どの様な心理状態の自分になりたいか はっきりと考える。
このことを曖昧なままにしていました。

自分がどのような心境になりたいのか・・ じっくり考えてみようと思います。



今日の報告 

テープトレーニング 4-1-1~5-1-1・4-1-1・4-1-2 (2倍速再生) 10h
人は過去の記憶の蓄積から判断・選択する。

過去の記憶に間違ったものやマイナスのデーターが沢山入っているとすれば
出てくる答えもマイナスなもの。

これまで経験していないことに挑戦しようとしたときには 
できるだろうか?などと考えることには意味がない。

過去の記憶を参考に答えを出してくる心は 出来ない理由だけを出してくるから・・・。

マイナスデーターが潜在意識に入っている間は答えは出さずに
マイナスデーターを減らしていくこととプラスデーターを増やしていくことだけに専念します。


今日の報告 

テープトレーニング  3-1-1~3-6-2 15-1-1・2 (2倍速)13.5h
読んだ本  脳を活かす生活術 茂木健一郎
自分が何をどれくらい勉強しているかを把握するために
エクセルで表を作成してみました。

カレンダー形式で 聴いた部分の回数を入力すれば トータルの時間と回数が出てくるようにしました。
(フォーマットが欲しい方はいらっしゃるでしょうか?)
今までは テープトレーニングの内容や回数・読んだ本などメモには残していたものの、
トータル時間や回数など正確には把握できていませんでした。
エクセルの表のおかげで、これからはひと目で把握できるようになりました♪
エクセルで表を作ったのも、今回初挑戦でしたが なかなか面白かったです。 

努力と結果は正比例では現れないのですね。
それは種を蒔いて実を収穫するような工程です。
土を耕して種を蒔いて水を与えたからといって すぐには芽が出ない事と同じです。
実が収穫出来るようになるまでは更に時間がかかります。

芽が出てくるのを待つ間、モチベーションを維持する方法は 
「最初の頃は努力量に満足を求めるようにする」 
と感知プログラムの中にもありました。
そのためには やったことを目で見える形で解かるようにすることが
大切なように思えました。

結果に集中するのではなく、やるべきことに集中する、という意識をもって取り組めば
出来ていないことに対する焦りは少なくなる気がしています。




3月20日の報告 2-1-1~2-2-2 (2倍速)3.6h

今日の報告 滝部セミナーセッション6⑨ 5-7-1~5-8-2 5h
         
        エクセル表作成


できるExcel 2007 Windows Vista対応 (できるシリーズ)できるExcel 2007 Windows Vista対応 (できるシリーズ)
(2007/01/25)
小舘 由典できるシリーズ編集部

商品詳細を見る

自分の中に眠っている可能性を引き出すには
まず、自分が知らない・解かっていないという事がたくさんあるということに
気がつく必要があります。

2年前から私の職場机の前には
マークトゥエインの言葉、
「災いを引き起こすのは、自分の知らないことではない。
知らないのに知っていると思いこんでいることである」

と書かれているメモ紙が貼ってあります。

それは最初は 雑誌の中で、ふと気になった言葉をメモしたものに過ぎませんでした。
作業中、ふと目線をあげると飛び込んでくるその言葉は
読めば読むほど重大な何かを示唆しているように感じて・・・
いつしか剥がせないものとなっていました。

知らないと知っていれば 知ることが出来ます。
知っていると思っているならば、知ることは出来ません。

例えば あなたが知らないと思っていることに関して、誰かが情報を持ってきてくれた時
(それは偶然読んだ本の中や ふと耳にしたラジオ放送でもあるかもしれませんが) 
あなたはその情報を受け取り、吟味することが出来ます。
けれど 知らないのに知っていると思っている場合、
同じように情報が目の前にあったとしても 
知っているつもりのあなたは その情報には興味も持たず、
手に取ることも受け取ることもしないでしょう。

知っている・解かっていると思うことは 可能性への道を閉ざす恐ろしいことです。
知らないということに気が付けないということは恐いことだと思います。

新しい考え方・概念があることを知って、それの理解に挑戦する。
今日改めて、その決意を固めました。


今日の報告

テープトレーニング プロローグ1.2 1-1-1×3 1-1-2~1-3-2 2-1-1~2-2-2×2 13.5h
人は信じたいものを信じ、信じたくないものは信じない。

人は見たいものだけを見て、見たくないものは見ない。


プロローグから再度聴き直していて痛感したのは上の言葉。
自分に都合のいい部分だけを採用し、都合が悪い部分は脳が無意識のうちに無視をする。

今まで脳が無視していた部分も 
今回は 「指示があるのに実行出来ていない部分はどこか」と強烈に意識しながら
聴くことによって、実行出来ていない部分を沢山発見することが出来ました。

感知プログラムと出会ってから約一年半。
テープトレーニングも2000時間を越え、それなりに繰り返し聴き続けていたつもりでした。
けれど、これだけ抜け落ちている部分があると・・・
都合のいい部分だけを繰り返していただけかもしれません。

セミナー・講演会などに参加しても 一回聴いただけでは その内容はほとんど忘れてしまいます。
言ってしまえば当たり前のことなのですが 気がつかなければ 
私は今でも一回聴いただけで忘れるという状態を繰り返していたことでしょう。
気がついた今は 講演会に参加する時には必ず録音しています。
講演会を録音したものを 後から何回か聴いたときに改めて気がつく部分は沢山あります。
5回目よりも10回目に、10回目よりも30回目、90回目と改めて気がつく部分があります。
人の認識する深さというものは底なしのようです。

聴いた講演会の講師に代わって説明できるようになってようやく、
理解したという状態といえると感知プログラムの中で説明がありました。

今からは「実行出来ていない部分はどこか?」と意識すると共に 
「聴いた部分を説明出来るだろうか?」と意識しながら聴いていこうと思います。


今日の報告

テープトレーニング 4-4-2~5-5-1 プロローグ1.2 (1.5~2倍速) 10.5h
私の感知プログラムの学習をサポートしてくれている電化製品を
今日は紹介したいと思います。


感知プログラムの提供される教材媒体はカセットテープです。
私は、カセットテープからMP3データーに編集する作業は 
カセットからUSBメモリーに録音することの出来るCDラジカセを使用しています。

SANYO デジタルオーディオシステム (シルバー) MAJ-U4CT1(S)SANYO デジタルオーディオシステム (シルバー) MAJ-U4CT1(S)
(2006/07/21)
不明

商品詳細を見る



外出時など移動中のテープトレーニングはMP3データーに変換したデーターを
1.5倍速から2倍速の速さで聴いています。
これが使用している2倍速再生が可能なMP3プレーヤーです。
 

MPIO MP3メモリープレーヤー FY800-2GB 【2GBメモリ+SDカードスロット】MPIO MP3メモリープレーヤー FY800-2GB 【2GBメモリ+SDカードスロット】
(2007/02/28)
不明

商品詳細を見る


講演会録音や自作録音教材作成用に使用しているICレコーダーです。

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-60OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-60
(2007/09/14)
不明

商品詳細を見る



今日の報告 

テープトレーニング 3章-2-2~4-3-2 (2倍速再生) 13h

第三部 応用編(前編81本)15章.「インスピレーションの世界」のテープトレーニングに
入る前に考え込んでいました。
勉強時間数が同じでも、ほんのちょっとした行動の差が未来に大きな結果の違いを呼ぶことがあります。ここまで進めてきたけれど、何か見落としている部分はないか、次に進めていいのか、ここ何日か考えていました。

私は指示通りに進めてきたのだろうか? ふと、そんな基本的なことに立ち返りました。

感知プログラムだけに限らず、プログラムの指導者・製作者には 
人々をゴールに導くために プログラムの細部に渡って意図がある筈です。
その中でも特に指示がある箇所は実行する必要、価値があります。

私の勝手な解釈や都合(早く先が聴きたい)で飛ばしたり、自己流にアレンジしたりしておきながら、成果が出ないと未来で悩むことは避けたいことです。
私は急がば回れという言葉も大好きです(笑)
やるべきことをきちんと行い、守るべきことをきちんと守ることを意識して、
再度プロローグから聴き直すことにしました。

繰り返し聴く際に私が注意しようと心がけていることは
決して 「知っている・解かっている」 とは思わずに聴くこと。

「知っている・解かっている」と答えを出した途端、脳は答えを探すことを止めてしまうから・・・。
今はまだ否定も肯定もせずに聴き続けます。
そして、私の脳には無限に答えを探し続けていて欲しい。



今日の報告 テープトレーニング プロローグ1~3-2-2 (2倍速聴き) 15h
        画像  アインシュタインは何故天才なのか?×3
情報や知識を自分に取り込むときのこと。

ある人が 「僕はね、いつもアウトプットを前提としたインプットをしているんだよ。」と教えてくれました。
インプットばかりしていた私には耳に痛い言葉でした。
そして改めて考えてしまいました。
アウトプットをしないインプットは何の為にしているのか?

知識や情報を自分に入れていっているのは何の為か・・・。
自分に自信が持ちたいから? その情報を元に人と交流したいから?今の自分より成長したいから?

誰とも交流せずに自分の内側だけで楽しめる人は別なのかもしれませんが
自分に自信が持ちたい・成長したいという変化を求めてのインプットだとすると 
それらの知識は身につけて実践(アウトプット)するためにインプットされています。
情報や知識を人との交流に使うとすれば、結局 アウトプット(人に話す)の為にインプットされています。

つまり 私達はアウトプットを目的としてインプットをしているというのに、
アウトプットを意識しないで インプットをしているために、
アウトプットをしたい時には必要な情報をもっていなかったり、
知識を詰めれるだけ詰め込んだものの実践しない内に時が流れて忘れてしまったとか・・・。
何をしてたんでしょうね。自分を振り返って 思い当たることが沢山ありすぎます。

そして、結論を出しました。極端に言ってしまえば、
「アウトプットを目的としないインプットには意味がない」


ウォ-ル・ストリートジャーナルから「世界で最も注目すべき女性50人」に選ばれたことのある
勝間和代さんが著書の中で 
「学び」というのは、外から情報を仕入れて、自分の中でいったん消化し、それを活用して、別の人とのコミュニケーションや創作活動に生かす、ということの繰り返しと表現し、その訓練の場としてブログを活用することを薦めていました。
学んだことや気づいた事をもう一度言葉にして他の人に問いかけることは 自分の理解がどれくらい出来ているかの確認にもなり、他の人の意見も聞ける機会ともなります。
そして、その考え方に共感した私は学んだことをアウトプットする場所として、
今日、ブログを始めました。


  今日の報告
  テープトレーニング・14章17-1~21-2 10h
  ブログ新規作成

成功している人はどんな学習方法をしているのかを調べていた時に出会った本
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
(2008/03/01)
勝間 和代

商品詳細を見る
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。