上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
努力はしているのに・・・
結果として出てこない。

努力しているのに
進歩が感じられない。

そんな思いはありませんか?


どうやらこのことは 私一人だけの問題ではなさそうです。
周りを見渡しても 努力している人は多いです。
みんな、それなりに努力をしていたりします。

そうなんです。
みんな、それなりに、努力はしてるのです。

例え 三日坊主になったとしても 
今のままでは嫌だと思って、何かに取り組むということをしています。
何もしていないわけではないのです。

なのに 今までと変わっていない(結果がでない)。
これじゃあ 何もしなかった場合と一緒?
むしろ 何かをした分だけ疲れたかも!?



そう感じるのも 当然です。

成果の出ない努力は疲れるのです。

私は正直、こんな努力が続くとクタクタになります。
気力は失われ、何もしたくなくなることさえあります。


「努力すれば、報われる」という言葉は、全てのケースには当てはまりません。

どうして同じように努力しているのに 
結果が出せる人と出せない人がいるのか・・・



実は努力には・・ 
無駄な努力と正しい努力がありました。

いくら がむしゃらに頑張ったからといって 
努力の方向・仕方が間違えているのなら
報われないのが現実なのです。

こんなに頑張ったのに~!と訴えたって 無駄・むだ!無駄なのです。

努力には 正しいやり方があったのです。




そのことを知らなかった私は、無駄な努力を沢山してきました。


ただし・・・ただしですよ。
無駄な努力も 私達にもたらしてくれる 「いいこと」 が ひとつだけありました。


それは 「懲りる」 ということ。


無駄な努力を沢山 沢山 沢山やって
疲れてクタクタになって 
「こんなのもう嫌だ! こんなこと、もう たくさんだ!」 と懲りたとき
人は今までしがみついていたやり方、考え方を捨ててみようという気持ちになるのです。

もっと他の方法はないかと、探す気持ちになるのです。

無駄な努力を沢山繰り返して 懲りなかったとすれば それまでですが(笑)
懲りることが出来たとすれば 
それは最大の変容のチャンスなのです。





潜在能力感知開発プログラムは 基本的に独習用として作られた教材ですが
それとは別に
プログラムの開発者である重見幸俊さんのセミナーが
毎月一回、山口県で行われており、この9月で7年目を迎えたそうです。

私はこのセミナーの講議録も購入し、聴いているのですが
7年目を迎えたこれから一年間の講義テーマは 「成功法則とは何か」

世の中には 成功、夢を叶えるための書籍や 成功の為のプログラムなどが沢山存在しています。
そして多くの人が それを手にしているにも関わらず実現させている人は、ほんのわずか・・・
多くの人が 本を購入するなどして縁があったにも関わらず
その本を活かせず ただ読んだということで終わるのです。

それはなぜか・・・


その問いに答えることが出来るものが 潜在能力感知開発プログラムです。

7年目のセミナーテープ(講義録)セッション7のシリーズは 特に面白いです。

本を読んでも 成功の為のプログラムなどを聴いても成功出来なかった理由が
次々と明らかにされていっています。

3年前 読んだけれど 読んだだけで終わってしまった
ナポレオンヒル博士の書籍関連を 最近は読んでいます。

成功哲学―あなたを変える素晴らしい知恵の数々成功哲学―あなたを変える素晴らしい知恵の数々
(2001/08)
ナポレオン・ヒル

商品詳細を見る


3年前の私では拾えなかった 文章の行間に隠れている意味が
潜在能力感知開発プログラムを聴くと共に
読み取れるようになっていっています。

それと同時に
過去に自分がどういう落とし穴に落ちてしまったのかも
解ってきました。

もう一度 やり直します。
今度は 正しい努力の方法を使って・・

無駄な努力は もうやめです。





今日の報告

講演録 /おまけテープ×2 /滝部セッション7-1-1・7-1-2 7.5h

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。