上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感知プログラム第4章 「なりたい自分になる1」 の指示されていた事の中で
私が見落としていた部分のひとつが
肯定語、積極語を繰り返すこと。

プロローグからやり直して、見つけた大きな落とし穴のひとつです。
2000時間の聞き込みを経て ようやく気がつけたのかもしれません。
言葉のちからの意味が今、ようやく落とし込まれはじめています。

そして今回、繰り返し巻き返し何十回も聴き返したのは この部分。
(一部抜粋させて頂きました)

「人生に何かあるんじゃないかと探しはじめて 
陽転思考することが大事だと気がつくまでに3年かかった。
ところが陽転思考することが大事だ、物事は肯定的に考えなければならないと
文章で読んでもね、それは根付いていないんだよね。
努力してるんだけど どこかで出来ない理由、しない理由を
ずーっとしている自分に気がつけないでいる。
まったくプラス発想・陽転思考で考えることが出来るようになったのは、
肯定的に考えなければならないという思考方法を学習して
実践できるようになったのが3年後。
そして実際に物事を明るく考えて、出来る理由を探し、プラス発想で考えるという訓練をやりはじめ、それが根付きはじめるのはね。 
明るいことを考えなければならないと考えていたのに、こんな暗いことや出来ない理由をまだまだ探し出してたってことに気がついたのは6年後だよ。」

気がつくという事がどういうことであるかが ここに詰まっているような気がしました。

そして、出来ているつもりになっていないかと しつこいくらいに自分に問いかけようと再度決意しました。
 
その他に
・3秒マイナーな想いを持ってしまったら 3分の良きイメージに差し替える。
この重要な部分も都合よく見落としていました。
実際にこのルールを実践しようとすれば、いかに自分がマイナーな想いを浮かべているかを実感できるでしょう。

そして もうひとつ、
・どの様な心理状態の自分になりたいか はっきりと考える。
このことを曖昧なままにしていました。

自分がどのような心境になりたいのか・・ じっくり考えてみようと思います。



今日の報告 

テープトレーニング 4-1-1~5-1-1・4-1-1・4-1-2 (2倍速再生) 10h
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/13-8326d63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。