上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「君には問題がある」

この言葉でこの物語は始まります。

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート金森 重樹

商品詳細を見る


「君には問題がある。」
「そのことは職場の人間も知っているし、奥さんも知っているし、義理のお母さんも知っている。そしてご近所の人たちも知っている」
「問題なのは、君自身がそのことに気づいていないということだ。」


自分だけが気づいて
いないことがある。

自己欺瞞・・・
自分に問題があるということ自体が見えなくなるという問題。
私達の中の自己欺瞞が様々な問題を生み出していく・・・。

私達がこの世で受ける苦しみは それぞれが脈絡なく発生しているようでいて、
実は複雑にからみあった糸のように相互に影響しあっている。
そして その根本の原因を作り出している発生源が、他ならぬ自分自身のものの見方であることが、この本で詳細に解き明かされていきます。
根本原因が解かれば、問題を驚くほど効率的に解決することが可能となります。

私の認識を広げてくれた一冊です。
お薦めします。


自分への裏切り、つまり真我の要求に背くことから、
自分への裏切りを正当化するためのプロセスがスタートします。
他の人、自分、その状況全体、全てを見る目が、
自分への裏切りを正当化するような形でゆがめられていく。
そして、自分への裏切りを何回も繰り返していくうちに、
その自己正当化イメージを持ち歩くようになり・・・
自己正当化イメージを脅かすような相手には脅威を感じ、
自己正当化イメージを強化してくれる人々のことは味方と感じ、
そのイメージにどうでもいい人々のことはどうでもいいと見なす。
こうして、人は人を人としてまっすぐに見られなくなる。
相手は単なる物となる。


今日の報告 テープトレーニング 5-4-1~5-8-2 (1.5倍速) 9h
  
コメント
ぎくっ。
「君には問題がある」
「そのことは職場の人間も知っているし、奥さんも知っているし、義理のお母さんも知っている。そしてご近所の人たちも知っている」
「問題なのは、君自身がそのことに気づいていないということだ」

・・・これ怖いなー。周りの人は気づいているのに、自分だけがきづいていない自分の問題。

私が解決するべき内面の問題は、今思うと私が気づくまで、ある一定の事象を伴って繰り返し目の前に現れていました。「きづけ、きづけ」と根気よく教えてくれていました。でも他責にしているうちは、そのメッセージに気づかないのです。

自分の内側に焦点が当たってはじめて、解決できる。そのときの「ああそうだったのか、そういうことだったのか」という気づきと頑なだった何かが溶け出し温かな感覚が広がるあの感じ。人生の醍醐味です。何か大きなものの計らいさえ感じます。

とりあえず大きな波はこれまで二、三乗り越えたけど、まだまだ自分には成長の余地があるはずで(一つ乗り越えると成長の実感があるので自分はカンペキ!と思いがちだけど、それは単なる思い上がりにすぎなかったことを次の波を乗り越えたときに痛感する)、またあの大波をがぶることがあるのかな~、やだな~と身構えることもあり。

・・・それにしても管理人さんがこんなに自分を突き詰めて考えている人だとは知らず。このプログラムを使って目指しているところはどこなのか。ナニモノになりたいのか。知りたいです。
ももべえ│URL│04/07 17:50│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/15-0e02ece6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。