上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「癒やしの光」上下巻 著者バーバラ・アン・ブレナン

NASAの科学者からヒーラーとなった(大気物理学の修士号も持っている)著者が
書いたこの本は、今の私には難解に感じる部分も多いのですが、
自分の認識力の成長と共に、少しずつ理解を深めていきたいと思っている一冊です。
人はどのように苦しみの種を抱えているのか・・・
癒すことで解放され、創造的に自分の人生を作っていくにはどうすればいいのか。
その見事なまでに本質を表現していく文章は読む度に新しい発見を与えてくれます。

私達には無限の可能性があると言われているのに
その実現を妨げているものは何か・・

感情の否定と抑圧・・・これも妨げているものの一つです。

感情の否定は感情把握率を低下させ、
感情の抑圧は「凍りついた精神時間複合体」を形成する・・・。


この本はきっと様々なヒントを与えてくれることと思っています。


癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈上〉癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈上〉
(1997/08)
バーバラ・アン ブレナン

商品詳細を見る



癒しの光 「人はなぜ想像エネルギーを止めようとするのか」 の章から抜粋

・・・そしてその苦痛を無意識に抑圧し続けるために、
ありとあらゆる出来事を人生に創りだして、気を散らし、注意を逸らそうとする。
ある人は自分自身をやたら忙しくさせ、仕事中毒になる。
あるいは逆に、一日中家に引きこもってテレビを見ている人もある。
多くの人が麻薬、煙草、チョコレート、あるいはアルコールの中毒になる。
また「一番」中毒の人も多く、よかれあしかれ一番を目指す。
我々は自分の問題を他人に投影し、
自分の問題を解決しようと努めずに他人の問題を心配する。

非常な量のエネルギーを誤った方向に注ぎ込むか、あるいは抑圧して、
自己の痛み、そして今この瞬間の自分の感情や状態を感じるのを避けようとする。
そしてそれでうまくゆくと考える。
「自分の本当の姿」を感じずにすませる、
あるいは「真の自分自身」であることなしにすませられると考えるのだが、うまくゆきはしない。
その代償はとても大きなものだが、代償があるということさえ否定しようとする。
その代償とは自己の「生」である。
こうしたあらゆる痛みを止める唯一の方法は、
その痛みの導体であるエネルギーの流れ自体を止めることだと人は考える。
エネルギーには、肉体、感情、精神の痛みを伝える特定の流れがある。
困ったことに、この流れは同時に痛み以外にもあらゆるものを伝える。
痛みはその一部でしかない。
特定の否定的状況における痛み、怒り、恐怖などのネガティブな経験を押し殺すことは、
肉体的、感情的、精神的側面を含むすべてのポジティブな経験をも押し殺してしまうことになる。





今日の報告
テープトレーニング 9-1-1~9-3-2 15-4-1~15-5-2
読んだ本 「なりたい自分になる」一番いい方法 バーバラ・バーガー
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/26-c7ba3ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。