上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(今日は 感知プログラム 第12章 「物の見方」 を聴きました。)


 「原因があって結果がある。

  今の結果を変えたければ、原因を変えるしかない。」


このことは動かしがたい事実です。


そして・・原因を変えるには 「原因が何か」を知る必要があります。


原因が何かということのヒントは感情が知らせてくれています。

不安・悲しみ・憎しみ・・・浮かび上がってきたものは 
自分のセルフイメージとはかけ離れたものかも知れません。

もしくは 幼い頃に そんな汚い感情を持つことは悪いことだと
教えこまれていた感情かもしれません。

それでも、
自分の中の感情を抑圧せず、否定することなく認めることが 
原因を変えていくプロセスの第一歩なのです。

ところが、やっかいなことに
人によっては精神に2重の蓋がかかっています。

本人にも自覚がないままに、自分の本当の感情を偽って生活しているのです。

例えば、両親・恋人・配偶者を憎んでいたとしても 
道徳的観念が強かったりすると両親・恋人・配偶者を憎んでいるなんてありえない!と
その感情を否定し、認識できなかったりするのです。

自覚が無いものを自覚するということは難しいことなのですが
今の自分の状態(結果)を変えたいのであれば
隠されてきた感情(原因)をさぐりあてることが必要なのです。

(他人の感じ方と自分の感じ方の違いを知ることは
自分の無自覚な部分を浮かび上がらせる方法の一つです。)

憎しみがあるのに自覚がない場合、
まずはその憎しみの感情を自覚する・認識することが必要です。

憎むことはいけないことと思われてきた方はビックリするかもしれませんが

憎んでも・・・いいのです。

なぜなら 憎しみを感じて はじめて
憎しむことが自分にどんな影響を与えているかを知ることが出来るからです。
知れば 変えていくことが出来るのです。

だから、我慢している人には

「憎んでもいいのですよ」 と言いたいです。

まじめで心ある善良な多くの人達は 道徳観念に縛られて 
自分の中にあるものをあると認めず、ないものとすることから混乱しています。
原因が解らなくなっています。
原因が解らなければ 結果は変わっていきません。

「あるものはある」でいいのです。 

そして憎しむことで苦しむ・・それは必要な体験です。

膿んだ傷を治すには 一瞬、痛い思いをして膿みを出さなければならないように・・

その体験は必要なのだと思っています。



今日の報告

テープトレーニング 12-10-1~12-14-2 (1.5~2倍速再生) 10h
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/32-012583f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。