上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレスレットを腕にはめて、21日間、不平不満、人を責める言葉、ゴシップなどを口にしないこと。
口にしてしまったら ブレスレットをもう片方の腕にはめ直して また一日目からスタートします。

そうするうち、あなたには新しい習慣が生まれます。

自分が口にする言葉を意識するようになるのです。

言葉を変えようとする努力によって、考え方にも変化が生じ、
やがて生き方そのものを考え直すようになります。
(以上の文、本より抜粋)


今日はチャレンジ3日目の出来事からです。


もう、不満は言わないもう、不満は言わない
(2008/06/05)
ウィル・ボウエン

商品詳細を見る


( 3日目のこと )


午後の昼下がり、会社のキッチンにて、

少し体調が悪いなぁと感じつつ 梅醤番茶を作っていたところ

ふいに同僚から

「なにしてるの~?」 と声をかけられる。

私は思わず

「梅醤番茶をつくってるんだよ。なんか体調が悪いから元気だそうと思ってね」

と返事をする。


そして、返事をしたあと ハッとする。


体調が悪いと言っても、たいして悪いわけでもなし…今のは、もしかして…!!


(見逃してもいいくらいなんだけど…気がついちゃったしなぁ・・笑)



微妙であっても、私の中のセンサーに引っかかったのだから、

ここには考える価値がある。

この言葉の裏には何が隠れているのかが知りたい。


(ということでブレスレットは移し替え。また1日目からスタートです。)



人々の不平不満で一番多いのは体調についてだという。

あそこが悪い、ここが痛い、体の悪い部分を探し出したら切りがない。

体調が悪いことを嬉しそうに話す人さえいる。



人が体の不調について口にするのは何故なのでしょう?


心理学者のロビン・コワルスキーによると  (「もう、不満は言わない」 の本文から抜粋)

 「不平不満の多くは、他者からの、人間関係における特定の反応、
 例えば同情や是認などを引き出そうとする思惑を含んでいる。
 例えば人は、体の体調について愚痴をこぼす。
 本当に具合が悪いからではなく、むしろ病人の役割が他者からの同情や、
 いやなことを回避するという二次的な利益を生じるからである。」



潜在能力感知開発プログラムでも 
人々が自覚のない意図をもって無意識に行っている行為を 
「病人は病気を握り締めて放さない」 「幸せ回避性」 「マイナスの願望」 「不幸中毒」
などの項目で、詳細に説明してくれていますが

私自身、それらの人間心理パターンを既に言葉で知っていて
頭では分かっているつもりでも
実際、自分や周りの人にそれらの現象が現れるたびに驚いてしまいます。


 (以下の文 「もう、不満は言わない」から抜粋)

 不平不満の中で一番多いのは体調に関するものです。

 体調に関する愚痴をこぼして 同情やまわりの人の関心を引き、
 いやなこと・・(例えば もっと健康的なライフスタイルを取り入れることなど)を
 避けようとするのです。

 
 そして その代償は「心身症」・・・

 
 心身症とは

 身体的な原因よりもむしろ精神的なプロセスによって引きおこされる病気です。

 健康について愚痴をこぼすとき、
 あなたが口にするネガティブなコメントを、あなたの体も聞いています。
 
 それは脳に書き込まれ、精神が体の中のエネルギーに指令を与え、
 ますますよくない状況が生じます。

 体調について愚痴をこぼす人は、人の同情や関心を得たいという心 の動きが、
 どのくらい含まれているだろうと考えてみましょう。


 誰しも健康になりたいと思っています。
 
 でも、愚痴をこぼしているときには、健康に害をなすエネルギーの波が、
 体中を駆けめぐっているのです。(抜粋以上)



今日の出来事から、

私のなにげない言葉の中に 隠された意図があり、

しかもその意図に私自身が気がついていなかったことに気がつくことが出来ました。


私ってば・・・元気がないって伝えることで、本当は・・・

ほんのちょっとだけ、気にかけてもらいたかったのね(笑)



「自分が口にする言葉を意識するようになります。」

この言葉通りになっていっています。

自分を変えていきたいと思うのなら、まずは自分を知ることだとよく聞きます。

自分を知るってどうしたらいいの?と思う方は一度挑戦してみて下さいね。

驚きますよ♪



今日の報告

テープトレーニング 14-1-1~14-5-2 10h
読書 「パワーか、フォースか」 デヴィッド・R・ホーキンズ
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/46-46b3b043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。