上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この出来事は1ヶ月ほど前のことなのですが、
    私にとって、大切な気づきがありました。

    今でも…
    よく、この気づきについて思いを寄せています。




この日、

私は 苦手だなと思っている人からきた携帯のメールを眺めながら、

(この言葉をどのように捉えたらいいのかしら?) 

と考え込んでいました。


そこに友人がやってきて 

「どうしたの~?」 とたずねてくれました。

私は 

「うーん。この文章に何か別の嫌な意味が隠れているような気がしているんだよ。」と答えました。


それを聞いた友人は・・・ 

茶化したような感じで (しかも同情してる演技をしながら)


「君は大変だぁ。 見えない敵といっつも闘っているんだね~。」

と、しみじみと言うのです。



そして、ちょっとからかうように こう付け足しました。

「かわいそうに・・(ぷぷっ)」


「!!!・・・・。」



私は 目がまん丸になっていました。

思いがけない時にズバリ本当のことを言われて、ものすごく驚いたのです。


そして・・ そのあまりにも的確な言葉と 

その言葉を何気なく、ユーモアとして使っている友人に毒気を抜かれ

驚くと共に、なんだか妙にすっきりしてしまい 

私は笑い出していました。


そして言いました。 (認めました)

「そうそう、その通り!! 私はいっつも見えない敵と闘っているんだよ。」




それは 見事な逮捕劇のようでした。

私は 犯行現場に乗り込まれ、犯行中に逮捕された犯人のようでもあり・・
証拠を押さえられた私には言い訳や弁解する気持ちは起こらず
素直にお縄となりました。(笑)



その会話のあと・・。


「私はいつも 見えない敵・・・(幻想)を創りだしては その見えない敵(幻想)と闘っている。」

この言葉を頭の中で何度も何度も繰り返しながら
頭で解っていたことが 私の中に落とし込まれていくのを感じていました。


冷静に考えてみれば、いくら私が相手の言葉に隠されている意図を推測したところで 
本当の意図、明確な答えがわかるはずはないのです。

思いついたとしても 全てが想像、推測、不確定。

なのに私は一生懸命 自分なりの解釈・意味を作り出そうとしていたのです。

不確定な推論を思いついた後、私は何をするというのでしょう。

「そうだ、そうに違いない!」と確信を深める作業をしていくとするならば
私は ますます 相手の本当の姿から遠ざかり、自分の中で作り出した相手と闘うばかりです。
しかも その闘いには不快な感情も付随してきます。

この不快な感情は 相手がもたらしたのか?

答えは 「いいえ。」 です。 

感情は間違いなく、私の解釈・思考から、もたらされていました。



私の思考が自分勝手な物語を創作し その思考に合わせて感情が生まれている。

こんなシステムが私の中にあったのです。


このことは私だけに当てはまることではなく、

すべての人々の中に、このシステムが働いています。

そして、そのシステムは制御がかからないかぎり自動的につねに動き続けているのです。

(いったいこの世の中のどれくらいの人達が このシステムに気がついているのかしら?)


このシステムに気がついていなかった今までの私の人生を考えると…

妄想だらけだな…と苦笑いするしかありません。



今の私は  (幻想)を創りだしては その(幻想)で苦しんでいたこと に気づいた段階です。

今でも 他人の言動に反応しては幻想・妄想を生み出しています。

ただ一歩前進したのは確実で 妄想を生み出した時には自覚があります(笑)

そして、自分の想像と事実の食い違いの確認作業をしています。

(例えば、相手に この時どう思ってた?と聞くなど)

そして、「ああ また妄想だったか。」と自分を笑うたびに 

妄想に気づいたこの日を思い出しているのです。




ちょうど最近、 潜在能力感知開発プログラムも15章へと進みました。


15章9の辺りで 「本当の考えるとは何か。」という講釈があるのですが その中の

「反応的妄想で働いている脳を「考えている」とは言わない」 という鋭い言葉が

私の理解を更に深めてくれています。


反応的妄想・・・私の今回の気づきは まさにこの言葉そのものでした。


そして、反応的妄想をしていることを いやというほど自覚する作業が済んだら・・

次には「本当に考える」という段階が待っている気がして、嬉しい気持ちになっています。


(今日のまとめ)

私達は 心の仕組みに気がつくまでは 反応的妄想の中にいる。

見えない敵・・・(幻想)を創りだしては その見えない敵(幻想)と闘っているのです。




今日の報告

テープトレーニング 人は何故学ぶのか1.2 3h 
            朗読テープ TAO 老子への道 1-1~3-2 6h
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/49-c01b7698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。