上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日と今日と 久しぶりに 「排泄の科学」 を聴いていました。


「排泄の科学」
潜在能力感知開発プログラムの 第一部・入門編 とセットとなっているテープ教材で

健康分野において・・私達が知っておくべき情報が ここにありました。




私は3年前、自分自身の元気を取り戻す為に、
また、同時期に友人が癌と診断されたことなども重なり
健康になる食事の仕方を探しはじめました。

マクロビオティック・正食・ローフード・リビングフード・ゲルソン療法・・・
体にいいとされる食事療法はたくさんありました。

その頃の私といえば 
それらの名前を聞いたことはあっても内容に関しては何も知らない状態です。

私は片っ端から おもだった健康法に関する本を読んでいきました。

どの健康法も主張はさまざまです。
こっちの健康法では 生野菜が良いとされているのに
そっちの健康法では温野菜が良いとされている・・。
あっちでは 塩を取れと主張しているのに こっちでは取るなと書いてある。

そのような正反対の主張のどちらを採用するかは
素人の私に最初から出来るはずもありません。

そこで私は 
とりあえず、共通要素を探すことに専念しました。

この健康法でも あの健康法でも 玄米はいいと言っているので 玄米は採用。
野菜に関しては 生野菜と温野菜で意見が分かれているので保留。
(当面は 生野菜と温野菜を半々ぐらいに食べておこう)
肉・魚・卵・牛乳に関しては どの食事療法も共通して控えるようにと書いてあるので 
食べるのは控えてみよう。 といった具合に。

そんなふうに新しい食事パターンを日常に取り入れていくうちに 知識も増え
実体験に基づく判断材料も増え、自分なりのいいと思う食事療法が固まっていきました。


けれども壁にぶつかります。

体重も落ち、朝の目覚めもこれまでとは雲泥の差で、すっきり起きれるようになり、
土曜日は昼頃まで眠っていたかった体が朝から元気に動けるようになったにもかかわらず、
健康診断結果は・・貧血。
私のやり方には間違っている部分もあるようですが、
その当時、それが何かはわかりません。

また、癌患者の症状に合わせた食事療法となると素人の私では判断など出来ません。
友人には専門家を探すことを勧めましたが探そうとはしてくれませんでした。
だけど私の言う事ならやってみてくれそうなのです。
そこで、私なりに考えて・・
玄米ご飯に味噌汁・マクロビオティックの甘い野菜スープ・調味料は本物に変える。など、
無難に良さそうなものだけを取り入れてもらいました。
そして かなりの確率で体に悪そうなものを取り除いてもらいました。
取り除いたものは
砂糖・果物・コーヒー・パン(小麦粉)・化学調味料・添加物・乳製品・肉・魚・卵・・・

友人は私の言うように食事を変えてくれましたが、なんだか辛そうでした。

甘いものが好きだった友人が我慢しながら
 「ほんとはアイスが食べたいの。クッキーが食べたい。」とつぶやくのを聞きながら
食事療法を勧めたことは正しかったのだろうか・・、と心が痛みました。

そんな時 パソコンに何気なく打ち込んで検索をかけた単語 「食養地獄」 が 
「排泄の化学」「潜在能力感知開発プログラム」へと繋げてくれました。

  (食養地獄とは 正しいとされる食事療法に囚われて 
  「あれもいけない」 「これもいけない」という思いでいっぱいになっている状態のこと。)

私は 重見幸俊さんの潜在能力開発教室というホームページに書かれている文章を読んだとき、
「来た!(私が求めていたものが来た)」と思いました。 

食事の方法をいくら頭で知っても乗り越えられないことがありました。
食べ物よりも心を変えることが難しかったのです。

また、驚くような事実を知ったから周りの人に伝えようとすると、
思いもかけないような反発や攻撃に合い、それが何故かが解らなかったのです。
なんでなんだろう?と疑問に思うことは日々増えていくばかり・・・

その疑問の数々に対する答えが
この潜在能力開発教室のHPにあるように思えたのです。

すぐに音声ファイルを聴き始めました。
そして、排泄の科学の購入することを決めました。



「排泄の科学」は 私が一年かけて勉強した食事療法(主にマクロビオティック・正食)への
疑問にこたえてくれました。

今思えば・・
体のしくみを教えてもらったと同時に 
なぜなんだろう?という疑問を自分で解いていく方法も教えてもらった気がします。




「排泄の科学」 タイトル (テープ13本)

プロローグ 

第一部 体内毒素の集溜について

第二部 病気が何故発生するか

第三部 何が毒素となるのか

第四部 心より生まれる毒素

第五部 毒素の出し方

第六部 毒素を溜めない食べ物と食べ方

第七部 反応現象と手当て法

第八部 真の体質改善

エピローグ

更に詳しい内容はこちら→ 「排泄の科学 テープガイド」



今日の報告
テープトレーニング 排泄の科学 8-1~13-2 12h
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/55-05ea6613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。