上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドキッとする言葉と出合いました。


「自己啓発を学ぶことを

パチンコを楽しむのと同じレベルで楽しんでいる人達がいる。」



石井裕之さんの言葉です。



以前から薄々感じていたことですが
ここまでの表現をされて、私は、やっとピンときました。


この分野を学ぶ人達をふたつに分けるとすれば
「成功法則を知りたい人」と「成功法則を実践し、成功していく人」

そして、今までの私は 「成功法則を知りたい人」でした。
 
知りたくて知りたくて…。
だけど知ったあとの次のアクションが少ない。


感知プログラムの重見幸俊さんからは こんな言葉を頂きました。

「アウトプットが、良い話を聞いた量以下の人は聞きボイトである。」



私は 間違った方向・循環に進んでいることに気付きました。


つまり、頭は次から次へと新しい刺激が欲しいのです。
(心が充たされないかぎり その欲求に終わりはありません)

新しい刺激を求め続けるといった意味では・・
自己啓発書を読むことも中毒になるのです。



自己啓発書の梯子も、流行りのダイエット話や健康法に飛びつく心理も
心の奥底には同じものが隠されています。

石井裕之氏いわく、それは、

「自分で努力しなくてもそれを手に入れることによってどうにかなるんじゃないかという幻想」


しかも 面向きには褒められる行為なので
お菓子の食べ過ぎやタバコ、パチンコと違い、罪悪感が伴いません。



本田直之氏も 「デキる人」の脳 の前書きで こう書かれていました。

自己啓発書を読めば モチベーションは上がり 気分は高まり
さらに「何かを得た」という満足感もあるので 読むこと自体が気持ちよく感じるでしょう。
だから 次の一冊に手が伸びます。
結果的に読めば読むほど、定期的に読んでいないと我慢ができなくなっていく。
言葉は悪いけど、ちょっとした中毒のようなものといえます。



また、脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書) で築山 節氏もこう記述されています。

興奮状態は意欲につながる
すばらしい人の話を聞いたり読んだりして、感銘を受け、「自分も頑張りたい」という衝動に駆られる。
つまり興奮状態は意欲につながる、と考えられるのです。
しかし その発生を外的な刺激に頼るのはやめた方がいいと思います。



後ろめたさのない中毒…。
自己啓発中毒は、たちが悪いです。

私には この傾向があると自覚しました。

自覚した以上、実践とアウトプットが私のこれからの課題です。


そして、こんなふうに
私達がいつの間にか作り上げている「~してるつもり」「出来ているつもり」

この、つもりの罠から如何に脱却できるかが、変容するための重要ポイントだと思っています。

感知プログラムは、それに気づける知性を育ててくれるので助かります。


自分の問題点に自ら気付いたとすれば 人から指摘を受けた時よりも認めるのは容易いです。

なんといっても、発見者は私ですから 認めて笑うしかありません。


どんな問題も 気付くことからがスタートです。


変化したいのなら 恐れずに 

自分の状態が今いかにあるかを冷静に客観的に見ること。


自分を正当化したい気持ちや 言い訳したい気持ちが出てきていることすら観察するのです。

我慢や抑圧は必要ありません。

ただ 見ることを 私はこれからも続けていきます。 



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/74-94fa5604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。