上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人は 自分の考え方・感じ方・価値基準を使って相手も同じように考えると推測しがちです。

  私だったら嫌なことだから それをされたあの人も嫌と感じているだろう。

  私だったら嬉しいことだから それをしてもらったあの人も喜んでいることだろう。


この思い込みが、相手の本当の姿を見えなくさせます。

 私が嫌だと感じることを・・あの人は喜ぶかもしれません。



もしも勝手に あの人は嫌だと感じて怒っていると推測し (実際の相手は何とも思っていない)

自分の頭の中の推測・妄想で苦しんでいるとすれば 

私達は何をしているのでしょう。



私は 昨年一年かけて、焦点を相手ではなく自分に向ける訓練をする中

相手に対する不快感が起こった場合、それに対して、どう対処すればいいのか迷いました。

不快感が起きた理由を相手のせいだとするならば 焦点は相手にあり 
それでは、私の成長には繋がりません。

不快感が起きた理由を自分の中に探すとすれば・・

私はしばらく このことについて考えいて そしてある事に気づきました。

私が自分に禁止していることを平気でする人を見た時に嫌な感じがしたのです。


それは、私の中に存在するけれど 私が嫌っている性質。
上手に隠したはずなのに・・ 

それは、内側に押し込んだら外側に出てしまったかのように他人の姿を借りて目の前に現れた私のもの。

つまり、私は 相手に自分を投影していたのです。


投影しているとすれば
焦点を外にではなく自分に合わせることで私達は 
自分以外の誰かに 不快感・苛立ち・非難の気持ちを抱いた瞬間さえも 
自分の内面を知ることに使えるのです。



シャドウ・エフェクトシャドウ・エフェクト
(2011/01/25)
ディーパック・チョプラ、デビー・フォード 他

商品詳細を見る



そして、出会った本。 「シャドウ・エフェクト」という本です。

本を紹介する前に 皆様に一つ確認をとっておきたいのですが 
シャドウ(心の闇)とは 捨てたり消せたりするものではありません。

暗闇を知らずに光の存在を意識することは出来ません。
恐れを知っているから勇気が存在し 悲しみを知っているから喜びがわかる・・。 

私達が 知るためには、正反対の性質が両方存在することが必要なのです。



著者デビー・フォードさんが書かれた第二部には こう書かれていました。

・どんな人でも、すべて(自分が「良い」と考えているものも「悪い」と考えているものもすべて)を持っているのです。

・あなたが他人の中に見ているあらゆる性質があなた自身の中にも存在しています。


私達の中に すべての性質が存在するからこそ 
人は無償による愛による偉業も、破壊的な衝動による犯罪もどちらも起こすことができるのでしょう。


私はシャドウを使って自分を知りたいのです。

シャドウが何を意味しているのか・・
本の言葉をヒントに もう少し考えようと思います。(続きは次回に)



(以下、本文より抜粋)
・心理学者カール・ユングは「シャドウは、私達がなりたくないと考えている人を映し出している」と説いています。
あなたにもつい非難してしまいがちな家族や、見るだけで虫唾が走る政治家や有名人がいるはずです。
実はそういう人々にあなたの影の部分が映し出されているのです。

・「シャドウとは、私達が愛する人々から「隠したい」と思っている部分、「こういう一面があると思われたくない」と考えているものをひとまとめにしたものだ」という衝撃的な気づきに到達することになります。


実際、自分が他者をどう観察しているかに注目すれば 私達は自分自身のありのままの姿を見ることができます。
人は自分自身の性質を他者に投影するように出来ているのです。
これは別に悪いことではありません。現に、誰もが皆、常にそうしています。
自分が「いやだ」と思う性質を自分自身の中に認めるのではなく、自分以外の誰かに押しつけてしまうのです。
母親や子供、友人に投影することもあれば、一度も会ったことのない有名人に投影することもあります。
他人に対する非難や判断はすべて、結局は自分自身の中にある、自ら無視したり、否認してしまっている部分を表しています。
投影をしている最中、私たちはそういう性質を他者の中に見ているように考えていますが、
実際は自分自身に隠された一面を見つめているのです。

・他者の行動を批判するとき、私達は実はそれと同じ行動をとり、罪悪感を覚えているものなのです。


  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/75-0c3388e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。