上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人は信じたいものを信じ、信じたくないものは信じない。

人は見たいものだけを見て、見たくないものは見ない。


プロローグから再度聴き直していて痛感したのは上の言葉。
自分に都合のいい部分だけを採用し、都合が悪い部分は脳が無意識のうちに無視をする。

今まで脳が無視していた部分も 
今回は 「指示があるのに実行出来ていない部分はどこか」と強烈に意識しながら
聴くことによって、実行出来ていない部分を沢山発見することが出来ました。

感知プログラムと出会ってから約一年半。
テープトレーニングも2000時間を越え、それなりに繰り返し聴き続けていたつもりでした。
けれど、これだけ抜け落ちている部分があると・・・
都合のいい部分だけを繰り返していただけかもしれません。

セミナー・講演会などに参加しても 一回聴いただけでは その内容はほとんど忘れてしまいます。
言ってしまえば当たり前のことなのですが 気がつかなければ 
私は今でも一回聴いただけで忘れるという状態を繰り返していたことでしょう。
気がついた今は 講演会に参加する時には必ず録音しています。
講演会を録音したものを 後から何回か聴いたときに改めて気がつく部分は沢山あります。
5回目よりも10回目に、10回目よりも30回目、90回目と改めて気がつく部分があります。
人の認識する深さというものは底なしのようです。

聴いた講演会の講師に代わって説明できるようになってようやく、
理解したという状態といえると感知プログラムの中で説明がありました。

今からは「実行出来ていない部分はどこか?」と意識すると共に 
「聴いた部分を説明出来るだろうか?」と意識しながら聴いていこうと思います。


今日の報告

テープトレーニング 4-4-2~5-5-1 プロローグ1.2 (1.5~2倍速) 10.5h
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kokorono3.blog23.fc2.com/tb.php/8-7a4b4436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。